BearLogi
電話番号
03-6796-2826
 
News
Research
Contact Us
Company
Add News
 
 
 

プロロジス、埼玉県にて「プロロジスパーク北本」を着工 - (21/01/2013)

プロロジスは1月17日、マルチテナント型施設「プロロジスパーク北本」(延床面積73,857)を埼玉県北本市の建設予定地にて着工したことを発表した。 

プロロジスパーク北本は東京のサブマーケットである埼玉県の圏央道付近に戦略的に位置している。東京のCBDから47kmにあり、顧客は仙台圏、また名古屋圏に圏央道を通じてアクセスすることが可能。4階建のこの施設は2014年初めに竣工する予定となっている。 

【埼玉県のプロロジスパーク】

プロロジスは埼玉県内において「プロロジスパーク川島」(比企郡川島町、マルチテナント型施設、20117月竣工100%稼働中)を含め4棟の施設を運営しており、「プロロジスパーク北本」に加えてマルチテナント型施設「プロロジスパーク川島2」(比企郡川島町)を今春に着工すべく、開発計画を進めています。

Prologis Park Kitamoto

「プロロジスパーク北本」 概要

名称

プロロジスパーク北本

所在地

埼玉県北本市朝日2丁目

敷地面積

35,547 (約10,752坪)

延床面積

73,839 (約22,336坪)

構造

RC造(一部S造)、地上4階建

着工

201212

竣工予定

20143

 

ソース: プロロジス/Prologis Inc(ベアロジで編集・翻訳)


+ アスクル、オリックス不動産より物流施設を購入 - (21/01/2013)

アスクルは19日、東日本エリアの新しい物流拠点となる「(仮称)埼玉物流センター」を埼玉県入間郡に新設し、本年7月より稼動を開始することを発表した。


同施設は、オリックス不動産が建設中の物件を取得するもの。

 

新センター設置で増強となる物流・配送取扱能力により、一般消費者向け事業「LOHACO」の当日配送可能な日用品を倍増させ「ドラッグストアの取扱商材数を上回るEコマース№1を目指し、アマゾンを追撃する」という。

 

同施設の新設により、現状フル稼働となっている東日本エリアでの物流・配送体制を見直し、既存の物流センターが担当する営業エリアを同施設に一部移管。同様に西日本エリアにおいても、ケースセンターを既存の大阪DMC(物流センター)より分離して近隣の新設物流センターに移管している。

取得価格は土地・建物合計で152.5億円。


Askul Saitama

 

<(仮称)埼玉物流センターの概要>

名称

(仮称)埼玉物流センター

所在地

埼玉県入間郡三芳町大字上富字中西1163番地

物件取得日

2013年5月21日(予定)

稼働開始

2013年7月(予定)

敷地面積

55,062 平方メートル(約16,685坪)

延床面積

72,126平方メートル(約21,856坪)

建物階数

地上3階建

投資概算額

土地・建物1525億円、マテハン設備等約40億円(予定)


 

ソース: アスクル(ベアロジで編集・翻訳)

+ 1月31日 ジャパン サプライチェーンネットワーク イベントを開催します! - (18/01/2013)

ベアロジは131日、東京都港区六本木「六本木バール・デルソーレ本店」にてJapan Supply Chain Network (JSCN)イベントを開催します。 

対象: 製造業、小売業等の物流・経営企画等の責任者及び担当者、物流企業、Eコマース、不動産業者、金融機関、物流に関わる出版業者様等 

日付:    131日(木)

時間:    19:00  21:30

場所:    六本木バール・デルソーレ本店 (ファミリーマート隣)

パタータ六本木1F 東京都港区六本木6-8-14  

TEL:      03-3401-3521

参加費無料

ドリンク: ワンコイン!

登録不要!皆様のご参加をお待ちしております。

 

主催:ベアロジ 問い合わせ:03-5411-8336

+ プロロジス、日本で不動産投資信託を設立 - (11/01/2013)

-当初取得資産として12 物件のA クラス物流施設を提供-

 

1月10日、プロロジスは、日本の不動産投資信託である「日本プロロジスリート投資法人」の唯一のスポンサーとなることを発表した。プロロジスは「日本プロロジスリート投資法人」の発行済投資口数の少なくとも15%を保有し、当初取得物件として日本国内に立地する12 物件のA クラス物流施設を提供することになっている。

 

12 棟の鑑定評価額の合計は約1,730 億円(20 億ドル)。ポートフォリオ全体の賃貸可能面積は合わせて960 万平方フィート(89 万平方メートル)、平均築年数は3.4 年であり、主にグローバル・マーケットである東京マーケットおよび大阪マーケットに立地している。

 

「日本プロロジスリート投資法人」は東京証券取引所より上場承認を得ており、長期的に先進的物流施設に投資していく方針。

 

また、「日本プロロジスリート投資法人」はプロロジスが所有する8 物件について、優先交渉権を付与されているのと同時に、スポンサー・サポート契約に基づきパイプライン、オペレーションおよび人的サポートを受けることになっている。また、プロロジスの完全子会社が「日本プロロジスリート投資法人」のプロパティ・マネジメント会社や資産運用会社となることになっている。

 

 

ソース:プロロジス(ベアロジで編集・翻訳)

ニュース・アーカイブ
 
日付別
• 2013
[06月] [04月] [02月] [01月]
• 2012
[12月] [11月] [10月] [09月] [08月] [07月] [06月] [05月] [04月] [03月] [02月] [01月]
• 2011
[12月] [11月] [10月] [09月] [08月] [07月] [06月] [05月] [04月] [03月] [02月] [01月]
• 2010
[12月] [11月] [10月] [09月] [08月] [07月] [06月] [05月] [04月] [03月] [02月] [01月]
• 2009
[12月] [11月] [10月] [08月]
 
カテゴリー別
• 中国の不動産
[2011] [2010]
• イベント
[2013] [2012] [2011] [2010]
• 日本の不動産
[2013] [2012] [2011] [2010] [2009]
• 物権の譲渡
[2013] [2012] [2011] [2010]
• 物流
[2013] [2012] [2011] [2010]