BearLogi
電話番号
03-6796-2826
 
News
Research
Contact Us
Company
 
 

ニュース

 

グローバルな企業はグリーンサプライチェーン戦略に真剣に取り込む - (27/02/2010)

グローバルな企業はグリーンサプライチェーン戦略に真剣に取り込む。

2010228日

 

A.T. Kearney Carbon Disclosure Project (CDP)は、炭素管理計画は今後グローバル企業にとってサプライチェーン戦略のキーパートになると発表しました。

 

本レポートは、CDPのメンバーであるデル、ヴォダフォングループ、ユニリーバ・ジャパン、ソニー、花王、富士通及びペップシーなどグローバル企業44社を含め、それぞれの企業のサプライヤーにCDPサプライチェーンプログラムを基づき、情報開示を要求しました。

 

CDPサプライチェーンプログラムの主旨としては、サプライチェーンに炭素管理戦略を導入し始めたCDPサプライチェーンメンバー企業やメンバー企業に製品やサービスを提供する企業の間に、情報共有及び革新を推進することであります。


本レポートは、2009年のベスト・プラクティスの実施以来、サプライヤーは躍進な改善を進めているなか、グローバル企業の拡大を持続する要求に満たすため、依然として長い道を歩く必要があると示しています。


レポートの主要なポイント:          

  • 持続可能性と環境に優しいビジネスプラクティスは、グリーンハウスのガス排出のマネジメント、意識や行動を実行するサプライヤーを求めている企業にとって成長の要素となります。
  • 企業の過半数(56%)は、将来自分の炭素管理基準に満たさないサプライヤーと契約を解除と予期する模様です。
  • 89%の企業は炭素関連テーマで既に現在のサプライヤーと戦略を制定したと回答しました。
  • 91%はそれぞれの企業の中で、気候変動に関連するイシューを専念するハイーランキングな管理職を確保していると回答しました。


本レポートは2009CDPサプライチェーン情報回答より抽出した主要な調査結果であります。

 

ここ をクリックして、本レポートのコピーを手に入れよう。


ニュース・アーカイブ
 
日付別
• 2012
[11月] [10月] [09月] [08月] [06月] [05月] [04月] [03月] [02月] [01月]
• 2011
[12月] [11月] [10月] [09月] [08月] [07月] [06月] [05月] [04月] [03月] [02月] [01月]
• 2010
[12月] [11月] [10月] [09月] [08月] [07月] [06月] [05月] [04月] [03月] [02月] [01月]
• 2009
[12月] [10月]
 
カテゴリー別
• イベント
[2012] [2011] [2010]
• 日本の不動産
[2012] [2011] [2010] [2009]
• データセンター
[2012] [2011] [2010]
• 物流
[2012] [2011] [2010]
• 韓国の不動産
[2011] [2010]