BearLogi
電話番号
03-6796-2826
 
News
Research
Contact Us
Company
Add News
 
 
 

三井倉庫、三郷ロジスティックスセンターを127億円で譲渡 - (28/02/2012)

三井倉庫は2月27日、資産の効率的活用及び財務体質の改善を図るため保有資産の見直しを行い、三郷ロジスティックセンターの土地建物を譲渡し、譲渡後の同施設の2分の1を同社が賃借することを発表した。譲渡先は 日本ロジスティクスファンド投資法人及び三井物産リアルティ・マネジメント株式会社が組成予定の 特別目的会社(譲渡割合:各社50%)「合同会社エムスリー」で、3月27日引渡し予定となっている。 


【三郷ロジスティクスセンターの概要


譲渡資産の概要

資産の名称及び所在地

帳簿価額

譲渡価額

現況

三郷ロジスティックセンター

埼玉県草加市青柳1丁目465411213

土 地 28,761.60

建 物 45,040.28㎡(延床)

15,387百万円

12,720百万円

賃貸用不動産

 

 

ソース: 三井倉庫 (ベアロジで編集・翻訳)


+ イヌイ倉庫、大阪府摂津市の土地14億円で譲渡 - (24/02/2012)

イヌイ倉庫は2月23日、所有する大阪府摂津市の土地10,647.69m2を経営資源の効果的な投下と経営基盤再構築の推進の一環として譲渡することを発表した。なお、譲渡先は公表されていない。


【譲渡資産の内容】
土地
①所在地 大阪府摂津市
②地目 宅地
③面積 10,647.69 ㎡(公簿)
④帳簿価額 1,576百万円
⑤譲渡価額 1,400百万円

 

ソース: イヌイ倉庫 (ベアロジで編集・翻訳)

+ 高機能物流施設賃料、東京は世界一高い - (20/02/2012)

輸送経済新聞社は27日、ネット通販や3PLに絡む需要が好調だった上に、東日本大震災に伴う新規需要が発生したことにより、東京の高機能物流施設の賃料は高止まりが続いており、今後も低水準の供給が予想され、賃料は安定的に推移。利用事業者にとっての負担増の一つに挙げている。

世界都市ランキングトップテンで、高機能物流施設賃料は東京で年間1m2当たり$21.84、前回調査に続き1位となった。2位はロンドンで$19.47$14.73のシンガポールが続く。

賃料相場が世界で最も高い理由として、CBREリサーチの調査では、東日本大震災では、日本の工業生産が復興と成長を遂げ、物流市場全体としてマイナス影響は出ていない一方、BCPやサプライチェーンの再構築、耐震性能の観点からの新規需要を掘り起こした。その上でネット通販や3PL事業者を中心とした移転・増床需要は好調で、東京の大中型物流施設賃料は高止まりしていると説明する。

当面は低水準の供給量が予想され、しばらく市場は安定的な動きを示すとみられるとしている。

 

ソース: 輸送経済新聞 (ベアロジで編集・翻訳)

+ 日立物流、佐賀県鳥栖地区の物流拠点拡充 - (10/02/2012)

日立物流は、プロロジス社のプロロジスパーク鳥栖2(佐賀県鳥栖市)を賃借し、新たに「九州メディカル物流センター(仮称、2012 9 月稼働予定)」を運営することを発表した。これにより、日立グループの鳥栖地区における物流センターは5 ヶ所となる。

同センターは、医薬品を中心としたメディカル業界の顧客向けに、主に商品の保管業務と配送業務を行う物流拠点として運営されている。現在、久光製薬の運営が決定、更にメディカル業界の顧客を取り込むことにより、効率的な運営が可能となる共同保管・共同配送(プラットフォーム事業)を推進する方針である。

【物流センターの概要】

名称 九州メディカル物流センター(仮称)

所在地 佐賀県鳥栖市幡崎町平田1713 番地(プロロジスパーク鳥栖2)

<アクセス>JR 鹿児島本線鳥栖駅より3.5km(車約10 )

九州自動車道鳥栖IC より1.5km(5 )

建屋仕様 鉄骨造、地上3 階建

敷地面積 15,591 m24,716 坪)

延床面積 22,675 m26,860 坪)

荷役機器等 ・垂直搬送機 1.5t×4

・荷役用エレベーター 3.5t×2

・ドックレベラー 6t×2

・トラックバース数 25 バース

主な取扱商品 メディカル関連

稼働時期 2012 9 (予定)


ソース: 日立物流 (ベアロジで編集・翻訳)

+ JILS、関係省庁に規制緩和要望 - (06/02/2012)

日本ロジスティックスシステム協会(JILS)は、大規模災害で円滑な支援物流を行うため、一部現行法規の特例措置を国に求めている。

-大規模広域災害が発生した際、被災地へ円滑に支援物資を供給する。社会基盤や産業立地の早急な復旧復興を促進する-などに重点を置き、16項目に及ぶ特例措置を求める。トラック輸送に関する規制緩和ではドライバーの連続運転時間制限の緩和、企業が実施する緊急車両通行手続きの簡素化などを要望した。JILSは緊急物資輸送に要する被災地の滞在時間を考慮し、過労防止などの措置を確保した上で現行ルールの緩和を求めた。

緊急車両通行手続きの簡素化については、メーカーが独自に支援物資を輸送する際、緊急車両通行許可の手続きが窓口によって異なることから運用の統一化を要望。さらに燃料不足問題を解決するため、現行法で禁じられている社内インタンクの石油販売、タンクローリーからの給油などを認めるよう求めた。

JILSは非常用予備発電機の常用利用、海外から輸入される物資の通関・検査手続きの簡素化、空港の発着時間制限の緩和なども合わせて要望しており、担当者は「一定の災害レベルに達した際には、自動的に特例措置が認められる環境を整備することが欠かせない」としている。

 

ソース: 輸送経済新聞 (ベアロジで編集・翻訳)

+ GLP、岡山県総社市にマルチテナント型物流施設着工 - (03/02/2012)

GLプロパティーズは、岡山県総社市(両備ホールディングス株式会社が企画開発している岡山総社IC流通センター内)で、新たな大型マルチテナント型物流施設「GLP総社」の開発に着手したことを発表した。

GLP総社」は、GLプロパティーズ発足後、西日本初の開発物件であり、岡山県では3棟目の所有物件となる。GLプロパティーズは、本開発用地に延床面積約79,023平方メートルの大型マルチテナント型施設を計画しており、災害時におけるカスタマーの事業継続性確保を目的とした免震構造の採用やバックアップ電源を導入し、従来の物流施設の機能を進化させた次世代型の物流施設となる予定。

GLP総社」は、GLプロパティーズが昨年91日に発表したカナダ公的年金運用機関であるCanadian Pension Plan Investment Board(以下、CPPIB)と合弁で設立したジャパン・ディベロップメント・ファンドの第二号案件となる。 

GLプロパティーズ株式会社の代表取締役社長である三木真人は、「岡山県エリアの物流施設の稼動状況は非常に堅調であり、特にGLP所有の物流施設の稼働率は100%であり新規供給が近年でもなかったことから、本計画についても高い需要が見込まれます。すでに39%の賃貸面積が決まっており、その他に総賃貸面積の約3倍に相応するスペースについて、お客様より高い関心をいただいております」とコメントしている。

GLP総社」は20126月の着工、20132月の竣工に向け、入居企業を募集中。

GLP Soja

施設名称:GLP総社
所在地:岡山県総社市長良46番1外
敷地面積:約33,055m2(約9,999坪)
延床面積:約79,023m2(約23,905坪)
着  工:2012年6月予定
竣  工:2013年2月予定

■ 開発予定地
「GLP総社」は、岡山自動車道「岡山総社」IC出口に隣接しており、大阪圏まで約185km、神戸市まで約155km、広島市まで約154kmおよび高松市まで約75kmと広範囲をカバーできる環境を備える。

■ 施設の特徴
「GLP総社」は、約33,055平方メートルの敷地に地上5階建、計画延床面積約79,023平方メートルのマルチテナント型物流施設の開発を計画しており。各階に大型車両が直接乗り入れ可能なランプウェイ1基を備え、合計117台のトラックバース、300台の乗用車駐車場を設置しており、ワンフロア面積約12,000平方メートルという大規模な倉庫スペースを有した汎用性の高い物流施設として、顧客の作業効率を最大限にまで高める物流オペレーションの提案が可能としている。また、ワンフロアを最大2分割、約5,100平方メートルから利用可能なレイアウトとなっており、様々な規模のニーズに対応可能としている。

■ 災害時における事業継続性の確保

・      大地震においても機能を発揮する免震構造の採用
・      豪雨、洪水等の水害から変電設備を守るための冠水対策の実施
・      断水・停電時においてもトイレの利用が可能となる、地下水供給設備の採用
・      停電時においても、防災センター、事務所エリアの照明、コンセントの利用が可能となるとともに、
        全館セキュリティー機能を確保するバックアップ電源設備の採用

ソース: GLP(ベアロジで編集・翻訳)


+ プロロジス、BTS型「プロロジスパーク高槻」竣工 - (02/02/2012)

プロロジスは127日、BTS型物流施設 「プロロジスパーク高槻」が竣工したことを発表した。「プロロジスパーク高槻」は株式会社DNPロジスティクスの専用施設として、同社が現在利用している2か所の拠点を集約・統合し、新たな拠点として利用される。

「プロロジスパーク高槻」は大阪府の北東部、高槻市柱本に位置し、約5.5キロメートル北西に名神高速道路、中国自動車道、近畿自動車道のジャンクションである吹田JCTと、近畿自動車道の起点となる吹田ICが併設されている。さらに近畿自動車道摂津北ICから約3.4キロメートル、摂津南ICから約4キロメートル、国道1号線から約1キロメートル、国道171号線から約6キロメートルと交通アクセスに優れた北摂地域の物流の要所に、物流総合効率化法に基づき、施設整備者のプロロジスと流通業務実施者であるDNPロジスティクスが共同で総合効率化計画認定を申請し、認定を受け開発された。 

現在プロロジスは大阪市西淀川区で大型マルチテナント型施設「プロロジスパーク大阪4」(20125月竣工予定、入居企業募集中)を開発中であり、他に現在関西地区でマルチテナント型施設4棟、ビルド・トゥ・スーツ型施設2棟、計6棟の施設を運営中。

Takatsuki


【「プロロジスパーク高槻」 概要】

名称

プロロジスパーク高槻

所在地

大阪府高槻市柱本7丁目268

敷地面積

11,097 m24,716坪)

延床面積

20,900 m26,860坪)

構造

RC造(一部S造)、地上4階建

着工

20113

竣工

20121



ソース: プロロジス (ベアロジで編集・翻訳)

ニュース・アーカイブ
 
日付別
• 2013
[06月] [04月] [02月] [01月]
• 2012
[12月] [11月] [10月] [09月] [08月] [07月] [06月] [05月] [04月] [03月] [02月] [01月]
• 2011
[12月] [11月] [10月] [09月] [08月] [07月] [06月] [05月] [04月] [03月] [02月] [01月]
• 2010
[12月] [11月] [10月] [09月] [08月] [07月] [06月] [05月] [04月] [03月] [02月] [01月]
• 2009
[12月] [11月] [10月] [08月]
 
カテゴリー別
• 中国の不動産
[2011] [2010]
• イベント
[2013] [2012] [2011] [2010]
• 日本の不動産
[2013] [2012] [2011] [2010] [2009]
• 物権の譲渡
[2013] [2012] [2011] [2010]
• 物流
[2013] [2012] [2011] [2010]